FC2ブログ

ホーム 次ページ >

「食っちゃ寝て書いて」小野寺史宜

2020年07月10日 20:52

174.「少年と犬」馳星周/202005
175.「食っちゃ寝て書いて」小野寺史宜/202005
176.「カケラ」湊かなえ/202005
177.「58歳から日々を大切に小さく暮らす」ショコラ/201907
178.「ずっと見つめていた」森島いづみ

174.震災の後、犬の多聞が辿った熊本までの道、その期間5年という長い間に出会った人々の傷ついた心を多聞が慰めます。釜石で被災した一家は、家族三人で熊本に引っ越した。息子の光が話さなくなってから5年たったが、山林から飛び出してきたガリガリの犬を連れて帰ったら奇跡が起きた。犬の話はいつ読んでもいいです、世話した人々の多くが犯罪者でも。今回の直木賞候補作。発表は来週かな。
175. 今回の小野寺さんもほのぼの心温まる作品で実に良かった。ワンルームに住みかつてヒット作も出した50歳の作家横尾成吾と、医学部に落ち文学部から出版社に入り横尾の担当編集者になった井草菜種。横尾の最新作を二人で作っていくハートウォーミングな物語。相変わらず登場人物が多くてあちこちにしかけがありたいへん満喫できました。小野寺さんは一文が短くてテンポが良くて、なんだかもう無条件に好き❤
176. 美容整形外科の女医を訪ねてきた元同級生は、同級生だった肥満の横網さんについて語る。幸せかどうかは自分が決める、ということでいいのかな。ハッとする展開は無しでした。
177. 63歳の一人暮らしを見せてもらえる本。好きなものに囲まれて、美しく暮らす人々のライフスタイル本は今人気ですね〜 ショコラさんも一人で運べる小さな家具家電にして快適生活を披露しています。私は15年後、元気に夫と暮らしていられたらいいなぁ。
178. 妹が化学物質過敏症のため小学校に通えなくなった。6年生の越は都会を離れたくなかったが、家族で浦和から南アルプス市に引っ越した。母親は自宅で自然食レストランを開くも、地元の人々から受け入れてもらえない日々が続いた。父は会社を辞め独立したが、草むしりをする日が多い。犬のピコを飼い、ある事件で流れが変わります。越が家族の一員として責任を持ちたくましく成長する姿に感心。
20200710200559ae4.jpg

雨が続きます。
スポンサーサイト



にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

読書 コメント: 0

「朔と新」いとうみく

2020年07月05日 23:17

169. 「朔と新」いとうみく/202002
170. 「稚児桜」澤田瞳子/201912
171. 「私はスカーレット2」林真理子/202003
172. 「夫のトリセツ」黒川伊保子/201910
173. 「流浪の月」凪良ゆう

169. 兄の朔は高速バスの事故で失明した。一緒に乗っていた弟の新は、自分の都合に合わせて予定を変え事故にあったことに責任を感じて陸上をやめた。盲学校で一年訓練を受け実家に帰ってきた兄は、同情も心配も避けたい。けれど母親は当然ながら異常に心配する。兄はブラインドマラソンに挑戦し、ガイドを弟に頼む。兄弟の葛藤は深い溝に入るがそれを凌駕するスポーツの輝きがあった。障害者スポーツの小説は多いですが、これは一歩踏み込んでます。読み応えありでした。「車夫」の吉瀬が出てくる心憎い演出もありました。いとうみくさんのYAは今後も注目です。
170. 今回の直木賞候補作。能にかんする短編が8つ。市井の人々の悲しさ、時代の風習が独特で興味深く読めましたが「若冲」のほうが夢中になれました。
171. 楽しみにしていた第2巻。19歳にして未亡人になり、出産をしたスカーレットは、喪に服す間もパーティーに行きたいし、美しいとちやほやされたい。戦中、闇で稼ぐレットバトラーの卑しさが分かっていても、きらびやかな帽子をプレゼントされれば笑みが隠せないスカーレット。彼女の幸せはどこにあるのか、林真理子ならではの女性目線が実に面白いんです。
172. 話題のトリセツ。これはすべての妻が、そして男の子を育てる母が読むといいのでは?新聞広告で絶賛されてましたがなるほど納得。男の人ってこういう生き物なのね〜。うすうす気付いてはいたし、我が旦那さまは本当によくできた人なので腹が立つこともないですが、狩りをする本能で結果を求める男性脳!これからは話しかける時、ひと呼吸置くことにします。脳科学、AI研究者である筆者のお相手の家事能力、そして息子さんの優しさには脱帽です。妻バージョンも読んでみようかな。
173. ネット予約し画面上では3月から「受け取れます」となっていた本屋大賞第1位の本。7/1に図書館が開いて、4ヶ月棚に眠っていた本、やっと読めました。世間的には大学生による幼女誘拐事件、真相は帰る場所がなかった9歳の女の子が大学生男子を頼り真摯に面倒をみていた。15年後再会し、紆余曲折のあと二人で住み始める。これが1位なの?どうなるのかな、じれったいな、そんなにいいかなー?が率直な感想。あゆも読むそうです。歴代の本屋大賞の重厚感とは毛色が違うと感じるのは私の読みが浅いのかな?
あゆは本屋大賞6位と8位の「メディウム」「ムゲンのi」がすごく面白かったみたいです。大学生になってたくさん読めるから嬉しそうなあゆです。
20200705231516dda.jpg

昨日は人間ドックでした。
これが終わるとホッとします。
結果を見てまたホッとできるといいのですが。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

読書 コメント: 0

2020年6月のまとめ

2020年07月01日 21:35

今月読んだのは!!!35冊!!!
わーい、図書館バンザイ☆
その中で良かったのはこの5冊です。

139.「リボンの男」山崎ナオコーラ
152.「廉太郎ノオト」谷津矢車
154.「キャパとゲルダ」マーク・アロンソン
160.「あきない世傳金と銀8」高田郁
164.「今日も町の隅で」小野寺史宜

2020年も半分過ぎました。
あゆが大学生になり、ステイホームし、
ほんとにいろいろあった6ヶ月でした。

毎年書いてますが、半年の折返し地点で
183冊読めていたら順調。
今年はなんと168冊でかなり少ないです。
でも、いいんです。あと半年で
197冊も読めると思えば幸せ〜♪ルルル〜♪
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

月のまとめ・読書 コメント: 2

「今日も町の隅で」小野寺史宜

2020年06月30日 20:49

164.「今日も町の隅で」小野寺史宜/202002
165.「心にいつも猫をかかえて」村山早紀/202004
166.「人生が思い通りになるシンプル生活」ワタナベ薫/201504
167.「コンプレックスプリズム」最果タヒ/202003
168.「窓」小手鞠るい/202002

164. 小野寺さんの作り出した町の物語の数々。みつば駅、片見里、ルーアンなど、あの町で真面目に暮らしている誰かのちょっといい話が10作品。定期テストの順位をサバ読みする高2の息子と、同じく年齢でそれをする母。ハグは15秒と決めている妻の元彼を、自宅に1泊だけ泊めていいのか逡巡する夫のアタフタ。どの物語もクスッと笑える小野寺節です。
165. 大人気シリーズをたくさん持つ著者の猫ちゃんとの長崎生活。四季の短編集も織り交ぜ、猫との暮らしの愛ある不思議が満載な一冊です。
166. タイトルから内容が想像できそうな、実際内容も・過去の嫌な体験をプラスに書き換える・上手に断ることは誠実さの表れ、など基本的なもの。ただ、最後に心の環境の掃除術、として「まったくの、見ず知らずの人の幸せを祈ってみること」から起こる何となく自分の中にわき上がるふわりとした温かい感覚を味わうことができる、とあり、それを立証する研究結果「祈りの力」についても述べられています。祈りの力、信じてみようかな。
167. 詩人である筆者のコンプレックスはなんだか高尚で難解な表現が多々ある。掴みどころがないけれどきっとこういうことを言いたいんだろうなと想像しながら読了。憧れは屈辱、優しさを諦めている、コンプレックスに様々な角度から光を当てプリズムを観察したような感覚です。ブランキージェットシティー、が出てきました!
168.

20200630204840ab5.jpg

「窓」はまだ途中、今夜中に読む予定
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

読書 コメント: 0

「希望のゆくえ」寺地はるな

2020年06月27日 19:39

159.「希望のゆくえ」寺地はるな/202003
160.「あきない世傳金と銀 8瀑布篇」高田郁/202002
161.「言葉屋 8 だんだん階段でまちあわせ 」久米絵美里/202003
162.「良質読書」名越康文/201812
163.「恋愛未満」篠田節子/202004


159. 不動産管理会社に勤めていた弟が失踪したと母から聞いた兄は、弟の周辺の人々に会い捜索します。元恋人や、元保育園の先生。独裁的な父に虐げられた母を直視できず、幼いころから家族のことを知ろうとしなかった兄は少しずつ弟「希望(のぞむ)」を知る。寺地さんの新刊は私の生活の潤いです。ヒット作でもそうでなくても寺地作品を安心して読むのが好き。

160. ああ、もう第8巻が出たんだなあと飛ぶように過ぎていく月日に驚きます。ゾロリのように!?半年に1作ずつ新作が出るこのシリーズ、
今回は7代目店主となった幸が、麻疹禍の江戸で小紋をどう商いしていくか、八代目に迎えるのはいったい誰なのか、そして妹の心のうちは。コロナ禍のようにあの時代も病に翻弄されてきた人々。幸は工夫を凝らして五鈴屋の小紋を大きくしてきたにもかかわらず幕府から莫大な税金を徴収されることに。ラストに意表を突かれて次回作が待ちきれません。

161. 言葉屋の詠子は図書館である女の子に出会った。貧困で図書館が唯一の居場所であるきらりは、固い鎧をまとい詠子をガードする。ネットいじめやSDGs、言葉の発明が世の中にもたらした格差、貧困やIT革命は現代の子どもたちにどう影響を及ぼすのか。詠子の繊細な感情は「言葉にする勇気と言葉にしない勇気」を8巻を通してこれでもかと読者に渡してきてくれました。こちらも同じく、もう8巻。5年生だった詠子は中3に。そりゃあゆが大学1年生になるはずだ。

162. 多読、他読、並行読みなどなど、様々な読書スタイルを提案。10数分読んだだけで集中力が切れる、とおっしゃる精神科医である著者の考えのいくつかは、読書を愛する人々には向かない内容でしたが、それも含めて何事も勉強であるなとつくづく。

163. 自分以外はみんな幸せでいくつになっても素敵な恋をしている、という勘違いをスッキリバッサリ斬ってくれる。「マドンナのテーブル」は夫が仲良くする大学時代の同級生たちの紅一点、その存在に焼餅をやき続ける妻だが、実情はシビア。学生時代の平等は崩れ、夫の出世具合で妻もランク付けされ低きに合わせるため大衆居酒屋を選ぶ水面下の心配り・・・ 

202006271937423d4.jpg



梅雨の晴れ間、ヤマザキマザック美術館へ。

202006271937270b2.jpg


美しい絵画や家具、ガラス細工にうっとり

20200703080311261.jpg
7/3の中日新聞朝刊
やはり地元の新聞に変えてよかったなぁと感じます。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

読書 コメント: 2

おうちで映画

2020年06月25日 10:08

「グレイテスト ショーマン」・・・これすごい!3回観ました!とにかく曲もダンスも素晴らしくてうっとり。Spotifyで歌詞を見て聴きまくりです♫
「マスカレードホテル」・・・あゆ、はじめての一人映画デビュー作品。原作が大好きで「小説とどのセリフがどう違うか全部わかるから面白い。何回も観たいから借りる」とのこと。
そして再びの「ボヘミアン・ラプソディー」・・・見るたび発見がある。今朝の新聞に載ってましたが、クイーンの切手が発売されます。
「タイタニック」・・・これも素晴らしい名作映画。あゆが一度観てみたいと借りてみました。私達は懐かしく、あゆは驚きを持って鑑賞。

先月はステイホームでいろいろ観ましたが、
今月に入って通常に戻りつつあり
しばらく映画とはお別れかな。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

読書 コメント: 0

「キャパとゲルダ」マーク・アロンソン&マリナ・ブドーズ

2020年06月23日 22:33

154.「キャパとゲルダ」マーク・アロンソン&マリナ・ブドーズ/201909
155.「夜がどれほど暗くても」中山七里/202003
156.「風に乗って、跳べ」川端裕人/201912
157.「窓辺のこと」石田千/201912
158.「しなくていいがまん」小林麻耶/201811

154. ロバート・キャパといえば世界で一番有名な写真家として名を馳せ、優れた報道写真におくられるロバート・キャパ賞にも注目が集まります。そのキャパが短い人生をどのように戦場で過ごしたのか、愛するゲルダと。スペイン内戦で多くの死を目の当たりにし、ピカソのゲルニカ同様、世界へ惨状を発信したキャパ。ゲルダはユダヤ人である彼の名をキャパに変えて注目を集め、二人は写真という手段を使って戦場の瞬間を切り取り、見る者の心に写真への情熱とともに命の尊さを伝え続けました。今年の課題図書、高校生の部。
155. 中山さんは最後の数ページであっと言わせる手腕を持つので毎作楽しませてもらってます。今回の主人公は週刊誌編集者。離れて暮らす大学生の息子がストーカー行為及び二人を殺害し、その場で自殺。スクープを追う仕事をしていた本人がマスコミから執拗に追われる側に。妻の心は壊れ、職場での信用は失墜した。犯罪加害者の家族と被害者家族は分かりあえるのか。そもそも本当に息子が殺人を犯したのか。一気読みです。
156. 予定ではオリンピックが行われ、その後の東京パラリンピックにも大きな注目が集まるはずだった2020今年の夏。この作品は幼馴染が参加するブラインドサッカーから始まる青春物語。知らない世界に一歩踏み出した高2の華は、ブラインドサッカーの選手である六花が女子先駆者であるがために活躍する舞台がないことを知る。ガイドとしてパラアスリートとともに戦う華は、クラウドファンディングで資金を集め、世界大会を開く、なんと鮮やかな!ズームで勢いよくネットの世界に飛び出した若者たちは、より一層この物語を身近に感じることでしょう。世界に手が届く、それを実感できるぎりぎりの時代に生きていることに感謝。朝日中高生新聞連載を単行本化。
157. 50歳を迎えた石田さんのゆったりしたエッセイ。父を送り、編み物の師範をとるべく編み続ける日々。
158. いつも全力投球、全ての人に好かれたいと思っていた小林麻耶さんが、少しずつ「しなくていいがまん」から開放されていきます。本当に可愛らしい麻耶さん。亡き妹、麻央さんへの限りない愛は涙を誘いますし、旦那様への愛はもう微笑ましく周囲を幸せにします。田中みな実さん同様、小林麻耶さんもTVで見るのが楽しみなタレントさんです。

おととい、8年前に買った日食グラスを用意して
楽しみに待っていましたが、愛知県は雲が厚くて見られませんでした。
次は・・・ あまりに先で自分が何歳か計算したくないな!
20200625095843b4f.jpg
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

読書 コメント: 0

直木賞ノミネート作 2020前期

2020年06月20日 18:11

昨日発表されましたね〜
直木賞候補作5作品!

「雲を紡ぐ」伊吹有喜
「じんかん」今村翔吾
「稚児桜」澤田瞳子
「銀花の蔵」遠田潤子
「少年と犬」馳星周

全て未読です。銀花の蔵が面白そうで予約してみました。
伊吹有喜さんの作品は好きなので、今回も期待してます。
皆さんのオススメはどれでしょう?
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

読書 コメント: 0

「廉太郎ノオト」谷津矢車

2020年06月19日 21:40

149.「平和のバトン」弓刈匡純/201906
150.「マリアージュ・マリアージュ」金原ひとみ/201211
151.「あり金は全部使え」堀江貴文/201906
152.「廉太郎ノオト」谷津矢車/201910
153.「おとなママの会話術」辰巳渚/201809

149. 広島の原爆体験を聞き、それを高校生が絵に描く。そのような試みがあることを初めて知りましたが、高校生が語るように、広島の子どもたちは幼い頃から戦争について学ぶことが多かったにもかかわらず、絵を描くことを前提として被爆者の話を聞くと、より一層深いところを感じながら聞くことができた、と。なるほどなぁ、双方、実体験した人だけが語れる言葉です。絵が伝える戦争は言葉だけよりも繊細に若い世代に届きます。広島に行く機会があったらぜひ拝見したいです。今年の課題図書、中学生の部。
151. あいかわらずパンチあるタイトルで、貯金の愚かさ、有り金を全部使う堀江さんの秀逸を説きます。家は買うな、金で買える時間はすべて買え、貯金するよりは有意義にお金を使え。また、人助けに金を惜しむな、誰よりも早くやれ、質良い贅沢がもたらす人生への利点についてなどなど、これでもかとまくしたてます。100%理解できますが、やはり子どもがいるとある程度貯金はないと・・・ 堀江さんの本は読むとスカッとします。
152.こちらは今年の課題図書、高校生の部。作曲家で知られる滝廉太郎がいかに天才であったか!バイオリンやピアノの類まれなる才能を発揮し、最年少で音楽学校へ入った廉太郎。幼いころ姉の琴の伴奏をして楽しんだ経験から、作曲の腕も講師たちが舌を巻くほど成長した。公費で留学し、ピアノを学び、優れた音楽家たちと切磋琢磨した青春の日々。しかし、病魔が彼を追い詰めた。若くして世を去った廉太郎が残した数々の名曲は学校でたくさん習いましたね♪春のうららの隅田川〜読み応えありました!
153. 15年前、あゆが幼稚園に上がるときから高校を出るまで、いろんなママさん達、先生方と会話してきました。まあまあ上手く行ったとは思いますが、潤滑油としての使える会話のストックがあったら良かったのかも。上手な断り方アレコレ、言い訳しない謝罪方法などなど、易しく分かりやすい大人の嗜みが載ってました。
202006192123413ad.jpg

梅雨の晴れ間、もう夏至が近い!
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

読書 コメント: 0

子どもの本の会〜9月再開のお知らせ

2020年06月18日 07:57

子どもの本の会は、3月からお休みしていますが、
9月から再開する予定です。
あま市美和図書館は予定通り(ようやく!)7/1に開館しますが、
しばらくは図書館でのボランティア活動を中止するとのことです。

次回、9月第2木曜日、9/10午前10時、
あま市文化会館会議室にて
皆様にお会いできることを楽しみにしています!
なお、予定を以下の通り、
半年繰り下げますのでよろしくお願いします。

*****今後の予定*****

9月 星野道夫さん

10月 柚木沙弥郎さん

11月 平成生まれの名作絵本

12月 恒例☆今年であった私の好きな子どもの本

1月 浜田桂子さん

2月 和歌山静子さん
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

子どもの本の会 コメント: 2

ホーム 次ページ >

プロフィール

365books

Author:365books
年間365冊読書♪12年目♪
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています
クリック↑お願いします

2019年7月にYahooブログから引っ越してきました
2009年から年間365冊読破継続中です!
2019年365冊読書11年達成しました。
あま市にて子どもの本の会をしています。

2020年、保育士試験合格・独学一発合格ガイド☆

キッザニアクラブ甲子園(2012.7.14三ツ星達成)大好き☆
キッザニアクラブ東京(2014.3.25三ツ星達成)大好き☆

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

QRコード

QR